Exhibition column

7月展覽預告|池谷三奈美 玻璃創作個展「池茶・いけちゃ」

7月展覽預告|池谷三奈美 玻璃創作個展「池茶・いけちゃ」

睽違兩年,日本玻璃藝術家_池谷三奈美即將與新作回到她熱愛的台灣, 也是在高雄的首次個展,下週即將於泊・月白登場。 以清透多彩及窯燒製作(Kiln-work)的紋理質感所廣受關注的食器系列外, 池谷三奈美也帶來因近年步入抹茶道裏千家的習茶世界中, 遂自然發想點亮茶席的茶杓、茶則等道具作品。

新作発表|月白・ 旅茶器-Yu-Jui Yang x YUFANG

新作発表|月白・ 旅茶器-Yu-Jui Yang x YUFANG

「茶は静かに流れるような芸術であり、手の仕草が囁き、物が吟ずるようで、自然に会話が生まれます。」 現代茶のニーズに従って、私たちは陶芸家の楊育睿氏、レザーデザイナーYUFANGと話し合い、各種の茶葉の抽出や抹茶点前の機能をカバーし、かつ持ち運びやすいシンプルなフォルムを考案しました。アイデアの発散と収束を繰り返し、多くの試作と調整を重ね、ここで念願の共同作品を披露します。

新作發表|月白・ 旅茶器 - 楊育睿 x YUFANG

新作發表|月白・ 旅茶器 - 楊育睿 x YUFANG

「茶是一種寧靜而流動的藝術,手在呢喃、物在低吟,自然形成對話。」 茶道v.s產品設計,看似在不甚關聯的兩端,卻皆是著重使用體驗、以客為主的思考邏輯, 工藝亦是探索著生活需求、為解決問題所進行的創作過程。 而這三者之間似乎亦存在著「Form follows function.」的共通美學信條。 我們與陶瓷作家楊育睿、革物設計師YUFANG 展開討論, 發想一組能涵蓋各形茶葉沖泡、抹茶点前的功能、且便於攜帶的簡潔器型。 經想法的發散收斂和多次試作調整修改,於此呈現合力所致的成果。

泊・月白 台湾工芸海外グループ展・東京篇|茶席体験

泊・月白 台湾工芸海外グループ展・東京篇|茶席体験

今回moonmistとして日本での初の茶席開催は、「独り旅」をテーマにし、 茶人/亭主のKaiTing Lin自身の両地で暮らした経験で感じ取った、 台湾茶と日本茶文化の間に生まれる繋がり・対照性を皆様と交流できたらと思います。 台湾作家達と考案した旅行茶器セットも東京で初披露。 ぜひご一緒に台湾茶の産地や作り手の元へ、旅する風景を吟味しましょう。